2010年11月21日日曜日

脱獄

11月21日

いつも僕を応援してくれている皆様、
サポートして頂いているスポンサーの皆様、
取材していただいたメディアの皆様、

そして今回のクラブワールドカップを楽しみにして頂いたすべての方々へ。

大変、
本当に大変申し訳ありませんが、
パプアニューギニアでの挑戦を中止して昨夜日本へ帰国しました。

幸せレベルが下がっているだけに昨夜はささいなことに幸せが連発の一方・・・

一つ夢を掴み損ねた大きな失望感に包まれ、

そして皆さんの期待を裏切る結果となってしまい胸が痛みます。

今までこんな自分でも心強い声援を送って頂いた皆さんに何があっても必ずこのチャンスを掴んでクラブワールドカップで活躍することによってお礼がしたかった。

ヘカリユナイテッドという特殊な組織の中で、
時には命の危険にさらされ、日々の自由を奪われ、それでも耐えしのぎ自分のパフォーマンスだけに集中して全力を尽くしてきましたが、

マネージメントとの間に生じた亀裂を埋めることができませんでした。

結果、昨日の試合出場を辞退し、チャレンジをリタイヤさせて頂きました。

あまりに突然な決断に皆さんもきっとがっかりされていることだと思います。

また、なんで?
とこのままでは納得もしていただけないかと思うので、

いろいろ考えた末、これから少しずつヘカリユナイテッドという組織について、
またどういう理由で自分が今回の決断に至ったのかを皆さんに説明していこうと思っています。

今日は帰国のご報告。
そして自分勝手なこの決断に心からお詫び申し上げます。

今回もまた自分をサポートして頂き、支えて頂き本当に感謝しています。

ありがとう、
そしてすみませんでした。

悠紀

2 件のコメント:

FairWind さんのコメント...

時には撤退する勇気も必要です。

この経験が次に生きれば良いのです。
悠紀君の決断を信じていますよ。

シュタルフ 悠紀 さんのコメント...

FairWindさんへ、

ありがとうございます。自分がたぶんクラブワールドカップを一番楽しみにしていたので、決断をするのが本当に大変でした。
でもこれで良かったと思うし、この決断を今後活かすか否かもまた自分次第かと。
また次のステップアップに繋げられるようにがんばります!